奈良ニュース奈良を知る奈良で遊ぶ奈良グルメ奈良でお買物奈良検定人気投票リンク日記お問合わせ運営元情報

正倉院展.2009

第61回正倉院展:開催期間(2009.10.24~11.12)

正倉院と正倉院展

正倉院

正倉院とは、奈良の「東大寺大仏殿」の北西にある、高床の大規模な校倉造(あぜくらづくり)の倉庫です。

聖武天皇や光明皇后のゆかりの品をはじめとする、天平時代を中心とした多数の美術工芸品を収蔵していた宝庫で、中国の珍器や、ペルシャ・インドの工芸品なども含まれ、国際色・種類ともに豊かです。

現在約9000件の宝物が納められています。

正倉院展

正倉院は普段は非公開ですが、年に1度だけ特別展示という形で公開されます。
それが「正倉院展」で、毎年秋に奈良公園の奈良国立博物館で開催されます。

第61回正倉院展

第61回正倉院展では、正倉院に納められている約9000件の宝物のうち、66件が展示されます。このうち12件は今年初めての出展です。今年の正倉院展では、天皇陛下御即位二十年を記念し、正倉院宝物を代表する数多くの優品が展示室に揃います。

毎年けっこう混雑するので、時間にゆとりをもって出かけましょう。

第61回正倉院展:詳細

期間 2009年10月24日(土)~11月12日(木) 期間中無休
時間 9:00~18:00(入館は閉館の30分前)
※金・土・日は9:00~19:00
場所 奈良国立博物館 東西新館
料金 大人:1,000円
高校・大学生:700円
小中学生:400円

第61回正倉院展:主な展示品

・緑牙撥鏤把鞘御刀子(りょくげばちるつかさやのおんとうす、小刀)
・楽毅論(がっきろん、光明皇后御書)
・漆背金銀平脱八角鏡(しっぱいきんぎんへいだつのはっかくきょう、金銀飾りの鏡)
・平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう、螺鈿飾りの鏡)
・紫檀木画槽琵琶(したんもくがそうのびわ、琵琶)
・金銀花盤(きんぎんのかばん、花形の脚付き皿)
など

関連行事

開封の儀:2009年10月2日(金)

普段は閉ざされている正倉院の扉を開ける儀式です。12月9日の「閉封の儀」まで扉は開けられ、正倉院内部の点検や手入れをします。

閉封の儀:2009年12月9日(水)

開封の儀で開けられた正倉院の扉を閉める儀式です。

開催地:奈良国立博物館へのアクセス

電車

・近鉄奈良駅から徒歩15分
・JR奈良駅から徒歩25分

バス

市内循環バスが回っていますが、正倉院展開催中は道路が混雑するので、歩いていった方が早いと思います。

自動車

奈良国立博物館には駐車場はありません。

奈良国立博物館の徒歩圏内の駐車場なら「奈良県庁横の駐車場」や「大仏殿横の駐車場」などが比較的大きいです。他にも近鉄奈良駅周辺に100円パークがいくつかあります。

ただ、休みの日は混雑するので駐車場を探すのも大変かもしれません。車で行くなら時間にゆとりをもって出かけましょう。

>「奈良市内の駐車場

少し遠いですが、奈良市役所や奈良教育大学などに無料駐車場もあります。奈良市役所(180台)・奈良教育大学(100台)・国道24号高架下駐車場(200台)駐車可能。
参考 >奈良市役所:パーク&ライドで渋滞緩和

正倉院展のコメントや感想

この記事へのコメントや、正倉院展に行った感想などをお待ちしています。

コメント:3

  1. 千葉の住人です、今回初めて正倉院展を観に出かけるのですがなんと11月1日~3日です。この期間はまともに見ることが出来ないくらい混み合いますか?突然のご質問で失礼しますが、経験上いかがでしょうか、宜しくお願いいたします。

  2. 堀内さん、こんにちは。奈良ねっと管理人のやなぎです。
    正倉院展のご感想ありがとうございます。特別展示のたびに思いますが、気に入った美術品は心を落ち着かせてゆっくり見たいというのが本音ですね(^^)

    正倉院展ポスターの件ですが、残念ながら当方でも持っていません。近鉄やJRの奈良駅など、ポスターを展示していたところに問い合わせてみるともしかしたら管理しているかもしれませんんが。。。

    他にもポスターに関する情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、コメントをお願いします。

  3. 正倉院展参加は今回で4回目になります。今回の展示にはとても思い入れがありました。理由は今回初展示の刻彫尺八を見ることでした。私は尺八を演奏いたしますのでこの品にはとても興味を持っていました。
    思っていた通りとても素晴らし品でしたが、とても見学人も多くゆっくり見ることは出来ませんでした。しかし遠目でもその細工の美しい仕上がりにとても感動いたしました。私も他の人のように拡大鏡を持って行けばよかったなと思いました。 
    同伴した私の尺八の師匠もとて気に入りました。そこで展示されていたポスターがとても気に入られ、何とか一枚でもそのポスターが欲しいとうことで、読売新聞社さまなどにもお問い合わせいたしましたが、あいにくポスターは、在庫がなく原画のA4コピーを頂くことが出来ました。これだけでも十分なのかも分かりませんが、どうしても諦めきれず、ここにもう一度メールをさせていただいた次第です。何とか一枚私の先生にプレゼントできたら心よりの幸せです。ちなみ先生は現在75歳、三重県伊賀に住む曽我岱山師匠といわれます。 私は堀内 篤と申します。

[コメントを書く]

この記事に関する、ご意見・ご感想・口コミ情報など

※メールアドレスは管理人にのみ公開されます


本365 セラピーノート カラーセラピー アートセラピー アドセンス アフィリエイト 資格 ジブリ IT