この太子道は、聖徳太子が愛馬に乗って、斑鳩宮と飛鳥・小墾田宮の間を法隆寺建立のために往復した「筋違道」と、斑鳩宮で薨去した太子の遺体を御廟のある磯長へ運んだ「太子葬送の道」があります。
この道沿いには、数々の伝説が残されております。
白山神社には、太子が休んだ腰掛石がありますので、こちらに来たときには、ご覧ください。また、黒馬に乗る太子象もありますので、こちらもご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です